HOW TO POSE ?

 

 このコーナーでは、ヒッピーココぬいぐるみの基本中の基本のポーズ取りをやります。
そんなの知ってるよ〜って方は、写真だけご覧になって、ちゃっちゃっと飛ばしちゃって下さい(^^;)

 無造作にぱっと撮ったベア達も勿論かわいいのですが、かわいく撮るゾ!と少し意識をするだけで、
その表情がグンっと活き活きして、今にも語りだしそうな写真になったりします。是非お試しあれ。

※悪までポーズ撮りの伝授です(;)撮影方法には全く自信がないので、悪しからず。

 

(1)緊張した体を揉み解す

新しいジョイント入りの子達は、まだ座り癖がついていません。まだまだどこかぴ〜ん張り詰めて緊張しています。ヒッピーココのジョイントは大変丈夫なステンレス製を使用していますので、どうぞ遠慮なくお好きな形にもみほぐして、ステキな座り癖をつけてあげて下さい。

(2)ペレットのみでクッタリした子をしっかりとカメラ目線にする

一度ぬいぐるみさんを逆さにし、ペレットが首もとに来るようにシャカシャカ振ります。
ペレットが一気に下に下がらないようにそっと元に戻してポーズを取らせてみましょう。

(3)なかなかしっかりと座らない子には支えを使ってみる

座りの悪い子の場合は、無理に脚を開かず、壁や小物にもたれさせるか、それが出来ない場合や嫌な場合は、上の写真のような板をお尻に挟んでみましょう。
板はかまぼこの板位の厚さでいいでしょう。足りない場合は二枚重ねるなど調整してみてください。驚く程座りが良くなり、きりりっとオスマシなポーズが可能となります。

※板は前から見えない大きさに切る事。

(4)洋服を着た子の洋服の乱れはキッチリ直す事!

小物類はベアの毛の方向に向かって流れてしまう傾向にあります。触らなければ動きませんが、触るとどうしても毛に沿って流れてしまいます。撮影前には直しましょう。
アンティークの洋服はデリケートなのですが、恐る恐る洋服のみをひっぱると反って危険です。
ベアの毛ごと向きを変えるような感覚で、手でしっかり押さえ込みながら小物の方向を変えます。

(5)色々試す、愛情を注ぐ、心から楽しむ!

なんと言ってもこれが一番!右から左から前から下から、ベストな表情を見つけてみましょう。
クッタリな子はそれをいかしたかわいいポーズも発見できます。
テキトーにいい加減な気持ちで撮らない事。これが一番大切なようです。
ぬいぐるみさんとピピピっと心が通ったとき、その時がシャッターを押す時です!

後はカメラの本を見てみよう。(あたしは専門外です;)